ずっと読みたい0才から100才の広告コピー

書店で見かけてつい買ってしまった本☘️

 

素敵な言葉なのに一定の場所で、一定の期間しか見られないのは勿体無い!

ということで作られた本だそうです

その広告コピーをぴったりくる年齢のところに書かれています

 

読むと思わずくすっと笑ってしまうような

「結婚が人生の墓場なら、

離婚は、墓場からの生還。」(33歳/三和交通2013年)

 

田舎から出てきた自分を応援してくれるような

「東京に出たから、

新潟というかけがえのない故郷ができた」 (23歳/吉乃川2011年)

 

日々を大切に生きようと思う

「最後だと分かっていたなら」 (8歳/岩手日報社2017年)

など

 

気になる方はぜひ😊

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。